#25:子どもが英語の上達が早い理由とは?(重森ちぐささん)

こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。

様々なレベルの英語学習者の方をゲストにお呼びして、
英語でしゃべっていただく「英語でSpeak Up!」。

今月のゲストは、人気教材「スマホ留学」の子ども向け版、
スマホ留学for Kidsの講師を担当されている
重森ちぐさ先生です。

石川県にある英会話スクールは、定員の
130名が満員で常にキャンセル待ち!

そんな重森ちぐささんに、第4回目となる最後に、
「間違い」について語っていただきましょう。

↓↓↓

英語でSpeak Up! #025:子どもが英語の上達が早い理由とは?(重森ちぐささん)

英語の書き起こし&日本語訳

「間違い」を恐れるのはなぜなんだろう…?

――So, what do you think about mistakes?
(では、「間違い」についてはどう思いますか?)

Chigusa: Mistakes?
(「間違い」ですか?)

――You know, many people are afraid of making mistakes.
(ほら、多くの人が間違えることを恐れるじゃないですか?)

Chigusa: Why?
(なぜなんですか?)

――(Giggle)
(インタビューなのに聞き返された…(苦笑))

Chigusa: What do you think? Why?
(ロイさんはどう思います? なぜなんですかね)

Sometimes I don’t understand. How come?
(私、分かんないんですよ。どうしてでしょう)

They are afraid of mistake…
(間違いが怖いんですね…)

――Oh, you don’t understand.
(つまり、怖がること自体が理解できないと)

Chigusa: No.
(分からないですね)

自分で間違えたことに気づいていない

Chigusa: I don’t realize if I had mistake.
(というか、自分で間違えたことに気づきませんから)

Did I have mistake? (Laughter)
(え、間違えていたの?って(笑))

――(Laughter) Wow!
((笑)マジですか)

Chigusa: I don’t know.
(よく分かんないんですけど)

If someone said, like “you had a mistake”, I can say “sorry”.
(もし誰かが「間違っていましたよ」と言ったら「ごめんなさい」って謝ればいいし)

――Or… “really? Did I?”
(もしくは、「ホント? 間違えました、私?」って)

Chigusa: Yeah. “Really?”
(はい、「ホントに?」って)

Or like “what part?” (Laughter)
(それか「どこが間違ってました?」って(笑))

――(Laughter)

子どもは間違いを気にしないから上達が早い

Chigusa: Sorry, I’m Japanese.
(ごめんなさい、私、日本人なので)

――Hum…
(確かに)

Chigusa: Kids doesn’t know what the mistake is.
(子どもって間違いを知らないんです)

So that’s why they can speak English faster than adult.
(だから大人よりもずっと早く英語がしゃべれるようになるんです)

English is second language.
(英語は外国語ですよ)

And even Japanese, I have a lot of mistake, so…
(日本語でさえ、私、間違いだらけなんですから……)

――(Laughter)

日本語だって完璧にできないのだから、英語はなおさら無理

Chigusa: Yeah… I can’t teach like perfectly even Japanese… and English.
(だって、完璧に教えるなんて日本語でさえ無理だし、英語はなおさらです)

――That makes sense. (Laughter)
(説得力がありますね(笑))

Chigusa: Yeah. (Laughter)
(はい(笑))

I don’t know a lot of kanji.
(漢字もあまり知らなかったりするので)

Sometimes I can’t read.
(時々読めなかったり)

最近読めなかった漢字は「巨匠」

――What are the characters, kanji characters, that you couldn’t read recently?
(最近、読めなかった漢字って何ですか?)

Chigusa: Ah… きょ、きょしょう。

――巨匠?

――Like, the great… someone?
(偉大な人……的な)

Chigusa: Yeah. Respect… people.
(はい、尊敬すべき人の)

I couldn’t read it.
(それが読めなかったんです)

――Okay. (Laughter)
(なるほど(笑))

(Laughter) So what is this? 「きょたく?」 What is this?
((笑)これなんですか?「きょたく?」え、違う?みたいな)

――きょたく……!

Chigusa: Actually I asked the students.
(実際、生徒さんに尋ねたんですよ)

――Hum.
(ほぉ)

Chigusa: Adult student. And she taught me this is 「きょしょう」.
(大人の生徒さんに聞いたら、「きょしょう」だと教えてくれました)

――(Laughter)

Chigusa: Oh, okay.
(「あ、そうなんですね」という感じで)

間違いや、読めない漢字があることの何が問題!?

――How do you feel about it?
(読めなかったことをどう思いました?)

Chigusa: Hum, I don’t feel anything.
(別に、なんとも思わないんですよ。)

Because I don’t know. So…
(だって、知らないんですから…)

Don’t blame me. I don’t know. (Laughter)
(私を責めないでよ。知らないんだから、って感じです(笑)))

――(Laughter) Like, “I have no control about not knowing”?
((笑)知らないことは仕方ないでしょ的な?)

Chigusa: Um… Is it big deal? (Laughter)
(うーん、何か問題?というか(笑))

――(Laughter) Okay. Okay. I got the picture.
(なるほど、なるほど。イメージがつかめましたよ)

Chigusa: (Laughter)

I think I can live.
(でも、生きていけるんですよ)

I can alive here without kanji.
(読めない漢字があっても、こうやって生きていますから)